ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
 BMW2002Net BBS
 メインメニュー
 LINK

BMW02の誕生(1966)

1966年にジュネーブ・ショーで登場したBMW1600-2は、BMW1500シリーズのメカニズムを用いてボディ・スタイルをひとまわり小さくし、また、先に大ヒットしたBMW700シリーズの2ドアでスポーティな小型サルーンというコンセプトをも受け継いでの登場であった。 BMW1500系のシャシーのホイール・ベースを50mm短縮し2500mmにし、サスペンション形式もBMW1500系同様にフロントがマクファーソン・ストラット+コイルでリアはセミ・トレーリング・アーム+コイルを適用、エンジンは、登場当時の4ドアエントリーモデルであったBMW1600より若干最高出力が上げられ水冷直列4気筒SOHC1573ccの排気量から85HP/5700r.p.m.を発生させた。ボディ・サイズは4230x1590x1410mmと4ドアのBMW1600より長さで300mm、幅で120mm小さく車重も130kg軽く940kgであった。最高速は162km/hで4ドアのBMW1600より7km/h上回った。このBMW1600-2こそが、02シリーズ最初のものである。 1967年に入ると、モデル・バリエーションとして、バウア社がコーチ・ワークを担当してフル・オープン4座のBMW1600カブリオレが追加。また、4ドアのBMW1800TI同様、排気量をそのままに圧縮比(9.5:1に)アップをソレックス40PHHを2基備えたツインキャブでチューンすることにより、1.6Lエンジンで105HP/6000r.p.m.を発生したBMW1600TIとヴァリエーションが追加された。BMW1600TIでは、4ドアBMW1800TI/SAでしか選択できなかった5速ギヤ・ボックスがオプションで用意された。
プリンタ出力用画面
友達に伝える
© 1997-2018 BMW2002Net  Theme Designed by EXTRAFFIC